リウマチ科

特徴

 平成9年に開設され、北陸三県の中では初めて公的病院に設立されたリウマチ科です。リウマチ性疾患に対して整形外科的および内科的に総合的に診療が行えるよう、両方の科の医師が担当しています。現在、1,500名以上のリウマチ患者が登録されており、当科では薬物療法を中心として診療にあたっています。薬物の有効性や副作用について十分な注意を払いながら、リウマチをできるだけ良好にコントロールして、機能障害を防ぐよう努力しています。機能障害や変形が強い場合には、人工関節置換術や関節形成術などの機能再建術を積極的に行っており、これまでにも多くの患者さんが恩恵を受けています。また滑膜切除術を行うことにより関節破壊の進行を抑え、痛みが軽減する症例も多く認められます。手術の際には自己血を貯血しておき、手術の出血に備えるため、他人の血液を輸血する必要はほとんどありません。貧血の強いリウマチ症例に対しても独自の工夫を行うことにより、自己血のみで手術は可能となっています。また定期的に療養相談会を各地で行い、リウマチ疾患に対する正しい理解を広め、病気に対する様々な不安や疑問にこたえています。発売前の新薬に対しては臨床治験を行い、新しい抗リウマチ薬の開発にも積極的に参加しています。

平成19年8月より、リウマチ科が拡充しました。

100148_02.gif
100148_03.jpg 100148_04.jpg 100148_06.jpg 100148_05.jpg 100148_07.jpg

リウマチ科 業績 (2010年度~2012年度)

2010年度

論文

金粕浩一. リウマチ下肢の再建手術―拘縮膝への対応.

整形外科Knack & Pitfalls. リウマチ診療の要点と盲点. 木村友厚編集. 文光堂.東京都.

Pp 256-257, 2010年.

<ガイドライン一覧>

  • 食道癌治療ガイドライン
  • 関節リウマチ治療におけるメトトレキサート(MTX)診療ガイドライン 2011年版
  • 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2011年版
  • 線維筋痛症診療ガイドライン 2013
  • 筋萎縮性側索硬化症診療ガイドライン 2013
  • ANCA関連血管炎の診療ガイドライン
  • 膠原病・血管炎にともなう皮膚潰瘍診療ガイドライン
  • 蕁麻疹診療ガイドライン
  • 咳嗽に関するガイドライン 第2版
  • ICU感染防止ガイドライン改訂第2版
  • 骨・関節術後感染予防ガイドライン
  • 糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン
  • 歯周病患者における抗菌療法の診療ガイドライン 2010
  • 腎移植後サイトメガロウイルス感染症の診療ガイドライン 2011
  • 透析患者のC型ウイルス肝炎治療ガイドライン
  • 医療・介護関連肺炎(NHCAP)診療ガイドライン
  • 癌疼痛の薬物療法に関するガイドライン

医師プロフィール

氏名 役職 専門分野 資格
金粕 浩一
100148_13.jpg
副院長
整形外科部長
リウマチ科部長
医療安全管理室長
整形外科一般・膝関節の外科・人工関節・リウマチ 日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
・指導医
奥村 麻衣子
100148_18.jpg
リウマチ科医員 膠原病 日本内科学会認定医
川高 正聖
100148_19.jpg
リウマチ科医員 膠原病
多喜 博文
100148_08.jpg
非常勤医師
山口 智史
100148_16.jpg
非常勤医師

曜日別担当医表はこちら

診療時間

午前
午前 8:15~11:30
(初診は11:00まで)
午後
午前 13:30~16:30
(初診は16:00まで)
休診日
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)

受付時間は診療科によって異なります。
詳しくは、各診療科の外来担当医表をご覧ください。

交通アクセス
面会について
施設案内
外来各科担当医
入院のご案内

ページトップへ