入院医療費は「包括評価」(DPC)方式により計算されます。

平成20年7月1日から入院医療費の計算方法が変わりました。入院医療費は「包括評価」(DPC)方式により計算されます。

 当院は厚生労働省指定により、平成20年7月1日から「包括評価」(DPC)の対象病院となりました。

 このため従来の入院医療費は出来高計算でしたが平成20年7月1日より、「包括評価」計算方式に変更となりました。

「包括評価」計算方式とは、病名や診療内容に応じた1日あたりの定額の医療費を基本として、入院全体の医療費の計算を行う方式(包括払い方式)です。


100325_01.jpg

DPCとは、" Diagonosis Procedure Combination "の略で、「傷病名と入院中の主要な医療手技の組み合わせにより、 入院治療を受けた患者を区分するための手法」を指します。
・ Diagnosis 診断(傷病名)
・ Procadure 手技(処置)
・ Combination 組み合わせ


● DPC対象外となる患者
   ① 入院後24時間以内の死亡患者)
   ② 生後7日以内に死亡した新生児)
   ③ 臓器移植患者)
   ④ 薬事法上の治験の対象患者)
   ⑤ 高度先進医療の対象患者)
   ⑥ 急性期系以外の特定入院料の対象患者)
     亜急性期入院医療管理科の対象患者)
     緩和ケア病棟入院料の対象患者  等)
   ⑦ その他厚生労働大臣が定める特定手術施行患者)

診療時間

午前
午前 8:15~11:30
(初診は11:00まで)
午後
午前 13:30~16:30
(初診は16:00まで)
休診日
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)

受付時間は診療科によって異なります。
詳しくは、各診療科の外来担当医表をご覧ください。

交通アクセス
面会について
施設案内
外来各科担当医
入院のご案内

ページトップへ