内科

内科

→ 循環器内科
→ 消化器内科
→ 糖尿病・内分泌内科
→ 透析

特徴

院内各科との連携診療をスムースに行っており,また地区医師会とも緊密な連携を取りつつ,各患者様に最適な医療を目指しております。また,県内の各医療機関とも良好な関係にあります。

100111_01.jpg

診療体制について

  • 午前外来5診(新患1診,再来4診),午後は予約外来
  • 午前新患外来,午後外来は予約制
  • 病診連携を推進しています.開放型病床(10床;各科共通)
  • 毎月1回(原則第2月曜)病診連携カンファレンス実施(紹介患者レビュー)
  • 糖尿病教育入院実施(標準2週間)
  • 糖尿病教室(外来/入院対象);月六回、火曜日/木曜日に施行(内容の詳細は内科外来におたずねください。)

~糖尿病教室について~

100111_02.jpg

主な検査項目の実施状況

  • 胃内視鏡,S状結腸鏡,腹部超音波
  • CT検査※検査予約がいっぱいの場合は当日施行できない場合があります。
  • 血液検査で緊急性のあるものは当日(約1時間で)結果可能
  • 全大腸鏡,気管支鏡(要予約)
  • トレッドミル心電図,心エコー,ホルター心電図,心筋シンチグラフィー(要予約)
  • 心臓カテーテル検査,緊急PTCA,ペースメーカー挿入等実施
  • 逆行性膵胆管造影/肝生検/肝動脈塞栓術 等も実施
  • 放射線治療(リニアック)/放射線診断が可能

循環器内科

循環器病に対する診断

  1. 心電図検査(負荷心電図検査を含む)
  2. トレッドミル運動負荷心電図検査
  3. ホルター心電図検査(24時間心電図記録検査)
  4. 心臓超音波検査(経食道超音波検査を含む)
  5. 核医学検査(負荷検査を含む)
  6. ABPM(24時間心電血圧記録検査)
  7. ABI(動脈硬化検査)
  8. 心臓カテーテル検査(冠動脈造影を含む)
  9. レートポテンシャル

以上の中から必要な検査を行ない、循環器疾患の診断を適格に行える様努力しています。

治療

  1. 薬物療法
  2. リハビリテーション療法
  3. 経カテーテル治療(PTCA、ステント挿入等)
  4. 体内式ペースメーカー植込み術

循環器疾患の治療については、学会等のガイドラインをもとに、当院にて可能な最善の治療を行なう様努力しています。特に、急性心筋梗塞等、循環器救急については24時間対応で、緊急カテ-テル治療(PCI)を行っています。

<ガイドライン一覧>

  • 血管機能の非侵襲的評価法に関するガイドライン
  • 重症心不全に対する植込型補助人工心臓治療ガイドライン
  • 心房細動治療(薬物)ガイドライン(2013年改訂版)
  • 冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン(2013年改訂版)
  • ST上昇型急性心筋梗塞の診療に関するガイドライン(2013年改訂版)
  • ペースメーカ、ICD、CRTを受けた患者の社会復帰・就学・就労に関するガイドライン(2013年改訂版)
  • 川崎病心臓血管後遺症の診断と治療に関するガイドライン (2013年改訂版)
  • QT延長症候群(先天性・二次性)とBrugada症候群の診療に関するガイドライン(2012年改訂版)
  • カテーテルアブレーションの適応と手技に関するガイドライン
  • 小児期心疾患における薬物療法ガイドライン
  • 虚血性心疾患の一次予防ガイドライン(2012年改訂版)
  • 失神の診断・治療ガイドライン(2012年改訂版)
  • 肥大型心筋症の診療に関するガイドライン(2012年改訂版)
  • 心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン(2012年改訂版)
  • 弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン(2012年改訂版)
  • 先天性心疾患術後遠隔期の管理・侵襲的治療に関するガイドライン(2012年改訂版)
  • 肺高血圧症治療ガイドライン(2012年改訂版)
  • 非ST上昇型急性冠症候群の診療に関するガイドライン(2012年改訂版)
  • 拡張型心筋症ならびに関連する二次性心筋症の診療に関するガイドライン
  • 心臓血管疾患における遺伝学的検査と遺伝カウンセリングに関するガイドライン(2011年改訂版)
  • 循環器診療における放射線被ばくに関するガイドライン(2011年改訂版)
  • 心筋梗塞二次予防に関するガイドライン(2011年改訂版)
  • 不整脈の非薬物治療ガイドライン(2011年改訂版)
  • 成人先天性心疾患診療ガイドライン(2011年改訂版)
  • 大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン(2011年改訂版)
  • 臨床心臓電気生理検査に関するガイドライン(2011年改訂版)
  • 急性心不全治療ガイドライン(2011年改訂版)
  • 安定冠動脈疾患における待機的PCIのガイドライン(2011年改訂版)
  • 虚血性心疾患に対するバイパスグラフトと手術術式の選択ガイドライン(2011年改訂版)
  • 循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン

消化器内科

消化器科は2000年4月の消化器病センター開設とともに設置されました。消化器内科医と外科医がともに外来担当となっており、消化器内科医と外科医の連携を密にして、皆様のご病気の迅速な診断と治療に努めています。

また、消化器病センターの隣に内視鏡検査室があります。迅速に胃内視鏡検査や大腸内視鏡検査を行うことができ、必要があれば外来担当医がすぐその場に出向き細かい診断や指示をすることが可能となりました。

内視鏡室では、患者様ご来院当日の予約なしの内視鏡検査もお受けしております。ご通院中の科の外来担当医にご相談ください。初診の場合は消化器科においでください。(予約なしでの検査のご希望の場合は当日10時までにはご来院ください。予約患者様などでたいへん混雑している場合はお断りする場合もありますので、ご了承願います)

<ガイドライン一覧>

  • 消化性潰瘍診療ガイドライン
  • 胃癌治療ガイドライン【第3版】医師用
  • B型肝炎治療ガイドライン
  • C型肝炎治療ガイドライン
  • 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン

糖尿病・内分泌内科

 2001年1月より糖尿病教育入院は2週間のクリニカルパスを導入して、糖尿病治療および糖尿病教育の質の一定化・標準化に努めてきた。医療スタッフおよび患者の意見を取り入れてクリニカルパスを改善し、充実したものにする努力をしている。

 当院の糖尿病療養チームは医師、看護師、栄養士、薬剤師のほかに理学療法士を加えた構成となっており、糖尿病の運動療法もしっかりとできる環境となっているのが特徴である。

 2000年から日本糖尿病療養指導士機構により糖尿病療養指導士の資格認定が開始され、当院でも看護師、栄養士、薬剤師、理学療法士の各職種が糖尿病療養指導士(CDE)の資格を取得していたが、職員の退職などにより、各職種にわたって療養指導士がいる状況を保てなくなっている。新規CDEの資格取得者を増やすことも今後の大きな課題である。

 2008年7月より当院でもDPCが導入されたことにより、DPC導入前のように糖尿病教育入院の期間中に糖尿病腎症・網膜症・神経障害の糖尿病3大合併および動脈硬化疾患(脳梗塞、狭心症、心筋梗塞など)について十分に精査を行うことが難しい時代となった。以前から循環器内科の協力のもと、冠動脈疾患のハイリスク患者と考えられる糖尿病教育入院を要する糖尿病患者については、教育入院の際にできる限り全員の方にトレッドミル負荷試験を行い、無症候性心筋虚血の早期発見に努めるという体制で進めてきた。今後はDPCを考慮しつつ必要な検査をしっかり行う努力をしていく。

 冠動脈疾患については、当院でも2009年から冠動脈CTによる検査が可能となり、トレッドミル負荷試験で虚血が疑われた場合は、循環器内科医により冠動脈CT検査を行い、本当に必要な患者さんに血管造影(さらに必要な場合はPCI)を行う方向となっている。医療技術の進歩より、よりよい医療を患者さんに提供できるようになったと感じている。

 2004年の当院の電子カルテ導入後も2010年8月までは糖尿病クリニカルパスをパス用紙に記載する形で運用していたが、電子カルテに入力する情報と紙に記載する情報が分かれてしまっていた。2010年9月から糖尿病クリニカルパスも電子カルテに移行させた。これにより電子カルテ上で患者さんの血糖値や治療内容が一元的に把握できるようになり、多職種による情報の共有が簡便かつ正確に行えるようになった。

 2010年度から2012年度の糖尿病教育入院の人数は以前と比較すると減少傾向にある。持効型インスリンの登場後外来インスリン導入法が普及してきて、以前のようなインスリン導入目的のための入院が減少していること、日本の経済状態が不景気で糖尿病のように自覚症状が出にくい疾患に対して入院することに患者さんにもためらいがあるなどの背景が要因と考えている。しかし、代謝疾患の改善にはある程度の入院期間が必要であり、この入院期間に食事・運動療法に対する患者さんの認識をしっかりと持ってもらい、退院後の生活改善を継続していくためには必要なシステムと考えている。

 今後も糖尿病教育入院を充実させて、関連疾患の早期発見治療に努めていく所存である。


1. クリニカルパスを利用した糖尿病教育入院患者数


2009年 2010年 2011年 2012年
教育入院患者人数 30件 24件 23件 29件
網膜症治療(光凝固術施行) 2件(6.6%) 1件(4%) 2件(8.6%) 2件(6.9%)

科名:内科(内分泌・代謝部門)

担当:高野敦子、村上史峰(2010年3月から2011年3月)、高野敦子、朴木久恵(2011年4月から2013年3月)

検討年度:2010年3月から2013年3月

検討対象事項:「クリニカルパスを使用した糖尿病教育入院」

透析

各種腎炎、ネフローゼ症候群の他に高血圧、糖尿病、膠原病などを基礎とした腎疾患の診断・治療、また、高度に進行した腎機能障害については血液透析療法を中心とした血液浄化療法を行っています。平成14年度末より腎透析センターが開設され、現在は12台の血液透析器が稼動しています。慢性腎不全に対する維持透析だけではなく、各臨床科で発生した急性腎不全や敗血症、薬物中毒などの緊急時にも血液浄化療法を行える体制をとっています。高血圧症についても、エビデンスに基づいた治療を行っています。

平成15年3月24日、当院に腎透析センターが開設されました。当センターでは、慢性腎不全に対する血液透析および血液ろ過透析を中心に行っています。長期維持透析に伴う合併症に対しても各診療科と連携し対応しています。維持血液透析のみならず、手術後の急性腎不全および各種疾患に伴う腎不全に対する血液透析、うっ血性心不全に対する持続緩徐式血液ろ過および血液ろ過透析、旅行患者さんなどに対する臨時透析まで幅広く対応しています。また、腎不全のみならず、薬物中毒、膠原病(SLEなど)、神経筋疾患(MG、GBSなど)、劇症肝炎・肝腎症候群、重症急性膵炎、重症高脂血症、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎)、関節リウマチ、敗血症、エンドトキシンショックなどに対しての各種血液浄化法を実施しています。慢性腎不全で通院中の患者さんには、血液透析が必要となる以前にバスキュラーアクセスを作成してもらい、血液透析に導入する方針としています。

透析導入患者数
平成22年度8人
平成23年度8人
平成24年度9人
平成25年度10人

血液浄化療法の種類別の実施件数

血液透析 3148 3386 3727 3853
血液ろ過透析 150 79 154 143
持続血液ろ過透析 10 28 14 0
直接血液灌流 18 8 4 6
血漿吸着 0 0 0 6
血漿交換 0 0 16 3
体外限外ろ過 79 34 20 15
3405 3535 3935 4026

※平成25年度は、平成26年2月分までの件数

<ガイドライン一覧>

  • 血管機能の非侵襲的評価法に関するガイドライン
  • 高血圧治療ガイドライン2014
  • 家庭血圧測定の指針 第2版
  • 24時間血圧計の使用(ABPM)基準に関するガイドライン(2010年改訂版)
  • 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版
  • エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013
  • 血尿診断ガイドライン2013
  • CKD診療ガイド2012
  • 腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン2012
  • 腎障害患者におけるガドリニウム造影剤使用に関するガイドライン
  • ネフローゼ症候群診療指針[完全版]
  • IgA腎症診療指針-第3版
  • 急速進行性腎炎症候群の診療指針 第2版
  • 多発性嚢胞腎診療指針
  • 維持血液透析ガイドライン:血液透析導入
  • 維持血液透析ガイドライン:血液透析処方
  • 血液透析患者の糖尿病治療ガイド2012
  • 慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常の診療ガイドライン
  • 2011年版 慢性血液透析用バスキュラーアクセスの作製および修復に関するガイドライン
  • 透析患者のC型ウイルス肝炎治療ガイドライン
  • 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン
  • 2008年版 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン

医師プロフィール

氏名 役職 専門分野 資格
野田 八嗣
100111_17.jpg
院長 内科
消化器病
肝臓病
消化器内視鏡
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医
寺崎 禎一
100111_12.jpg
医療局長
内科部長
救急センター部長
内視鏡センター部長
消化器疾患一般
とくに消化管疾患
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
高野 敦子
100111_11.jpg
診療部長
内科部長
ドック健診センター部部長
代謝性疾患
とくに糖尿病疾患
日本内科学会総合専門医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本内科学会認定医・指導医
日本医師会認定産業医
中舘 照雄
100111_08.jpg
内科部長 循環器疾患 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
髙林 大輔
100111_10.jpg
内科部長
腎透析センター部長
臨床工学科長
感染症対策管理者
腎臓疾患
高血圧
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
鈴木 崇之
100111_09.jpg
内科部長 循環器疾患 日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
滝 知彦
100111_13.jpg
内科医長 腎臓疾患
高血圧
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
日本内科学会認定医
竹越 快
100111_18.jpg
内科医長 消化器疾患一般
とくに消化管疾患
日本消化器学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本内科学会認定医
石田 晃介
100111_19.jpg
内科医員 消化器疾患一般
とくに消化管疾患
日本内科学会認定医
奥村 麻衣子
100111_03.jpg
内科医員 膠原病 日本内科学会認定医
川高 正聖
100111_04.jpg
内科医員 膠原病
林 龍二
非常勤医師  
神原 健太
非常勤医師  
平井 孝弘
非常勤医師  
藤坂 志帆
非常勤医師  
桑野 剛英
非常勤医師  
牛島 龍一
非常勤医師  
山口 由明
非常勤医師  
東山 さつき
非常勤医師  

曜日別担当医表はこちら

診療時間

午前
午前 8:15~11:30
(初診は11:00まで)
午後
午前 13:30~16:30
(初診は16:00まで)
休診日
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)

受付時間は診療科によって異なります。
詳しくは、各診療科の外来担当医表をご覧ください。

交通アクセス
面会について
施設案内
外来各科担当医
入院のご案内

ページトップへ