回復期リハビリテーション病棟について

回復期リハビリテーション病棟がオープンしました。

当院では、7階病棟を「回復期リハビリテーション病棟」としてオープンしました。急性期病棟」に加え、「回復期リハビリテーション病棟」と「地域包括ケア病棟」を併せて運用し、進展する超高齢社会、医療提供体制の変化に対応し、地域における医療ニーズに応えてまいります。
※回復期リハビリテーション病棟の詳細はこちらをご覧ください。(PDFファイルが開きます)

● 回復期リハビリテーション病棟とは?

「回復期リハビリテーション病棟」は、命の危機を脱してもまだ医学的・心理的サポートが必要な時期の患者さんを対象に受け入れ、多くの医療専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で在宅等に戻っていただくことを目的とした病棟です。当院では、7階病棟に40床(4人床8室、2人床1室、個室6室)を整備し、当面は30床を運用してまいります。

●回復期リハビリテーション病棟への入院対象となる患者さんと入院期間は?


 疾 患(病名) 発症から入院までの期間 病棟に入院できる最長期間
1)脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳炎、脊髄炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2カ月以内 150日
 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む他部位外傷 2カ月以内 180日
2)大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後状態 2カ月以内 90日
3)外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 2カ月以内 90日
4)大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後の状態 1カ月以内 60日
5)股関節又は膝関節の置換後の状態 1カ月以内 90日


●リハビリテーション療法部スタッフ

部  長   久門  弘 (整形外科部長)
医  長   小竹 源紀 (リハビリテーション科医長)
理学療法士  18名
作業療法士    8名
言語聴覚士   3名


地域包括ケア病棟入院申込み必要書類

  1. 診療情報提供書(貴院ご利用の様式で結構です)
  2. 入院相談票(ダウンロード)

<お問い合わせ先>

富山県済生会高岡病地域医療連携室 宛
TEL 0766-21-0570(代表)
FAX 0766-21-1516(直通)
受付時間:月~金(祝日を除く)8:30~17:00

診療時間

午前
午前 8:15~11:30
(初診は11:00まで)
午後
午前 13:30~16:30
(初診は16:00まで)
休診日
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)

受付時間は診療科によって異なります。
詳しくは、各診療科の外来担当医表をご覧ください。

交通アクセス
面会について
施設案内
外来各科担当医
入院のご案内

ページトップへ