臨床研修医募集

当院の研修プログラム・募集要項・年次報告等

当院の研修プログラム・年次報告等について

研修プログラムについて            

◆研修プログラムの名称

富山県済生会高岡病院初期臨床研修プログラム (番号030904601)

◆研修プログラムの特色

  • 当院は地域に密着した病院として、高岡医療圏における急性期の医療を行っています。
  • 日常頻繁に遭遇する病気から救急医療で遭遇する多くの症例が経験できるため、基本的で実践的な臨床能力の取得が可能です。
  • 地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟を開床し、地域完結型の医療を提供しており、急性期以外の診察スキルも習得できます。
  • 当院の研修プログラムは、1年次に必修分野として内科24週、救急医療12週及び外科・産婦人科・精神科研修を各4週行います。
  • 2年次では必修分野である地域医療や小児科研修を各4週行うとともに、研修科が自由に選択できます。福岡県済生会福岡総合病院での総合診療と3次救急研修、愛媛県済生会松山病院での内科研修(医療用巡回船による瀬戸内海離島診療を含む)、東京都済生会中央病院での救急部門を主とした内科各科の研修、及び富山県立中央病院での救急研修等、研修協力病院での多様な科目が選択可能です。 また、富山大学附属病院、金沢大学附属病院、金沢医科大学病院では希望する診療科も研修できます。
  • ピッツバーグ大学での短期海外派遣研修も取り入れており、当院で研修しながら、リサーチマインドを養成し、皆さんの 医師としてのキャリアの幅を大きく広げることが可能になります。
  • 当院では個々の目標に沿った研修医育成のため、それぞれに適した柔軟な対応が可能です。研修内容も指導医との話し合いの中で個々人が満足し、意欲が湧く方法を模索していきます。
  • 済生会グループの他施設での研修も可能であることから、人脈形成や専門分検討にも適した研修環境があります。

◆臨床研修の目標

厚生労働省による初期臨床研修の到達目標達成を基本としながら、当院では、次の事項を目標としています。

1.地域中核病院として、他病院や診療所や介護関連施設と連携を密にし、相互信頼に基づいた地域完結型医療を実践することで、地域の保健・医療・福祉の推進に参加すること。

2.チーム医療の一員としての役割を理解し、患者さんと職員がともに満足する安全で質の高い医療を体得すること。

3.医療安全(院内感染・安全管理)への配慮を学ぶこと。

4.全国の済生会病院群の研修医との交流を深め、自身の基本的な知識・技術の向上に努めること。

◆研修医の募集定員

  • 募集人員  4名(1年次基幹型 / 令和3年4月1日初期臨床研修開始者)
  • 当院は、基幹型臨床研修病院のみでなく、富山大学附属病院・金沢大学附属病院・ 金沢医科大学病院の協力型臨床研修病院としての研修も行なっています。

  • 応募資格
  • 第115回 医師国家試験合格(見込み)者で、マッチングプログラムに参加する方

  • 選考方法
  • 書類審査および面接試験

    選考実施日時 : 令和2年6月11日(木)~令和2年10月8日(木)の間、 本人希望日で調整

    選考実施場所 : 富山県済生会高岡病院

  • 応募書類
  • 臨床研修申込書兼履歴書(当院指定)  クリックするとダウンロードできます。

    ②成績証明書

    ③卒業見込証明書または卒業証明書

    * 採用決定後、研修開始時迄に①健康診断書②卒業証明書

    * 国家試験合格後は直ちに医籍登録済証明書(写)を提出し、医師免許証の交付があり次第、改めてその写しを提出して下さい。

  • 応募先・問い合わせ先
  • 〒933-8525  富山県高岡市二塚387-1

    富山県済生会高岡病院 経営戦略室(担当  森川)

    TEL 0766(21)0570  FAX 0766(23)9025

    E-mail  resident@takaoka-saiseikai.jp

◆研修医の処遇

  • 身分    初期床研修医(正職員)
  • 給与等   1年次月額 430,000円    2年次月額 450,000円
  • 賞与は支給なし

  • 勤務時間等
  • ✧午前8時30分より午後5時30分
    ただし、受け持ち患者の急変時、緊急手術、宿日直等の際には診察にあたる。

    ✧休日は、土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)とする。その他、リフレッシュ休暇(7日間)を認める。

    ✧有給休暇は労働基準法による(女性医師は産休・育休制度あり)。

    ✧全科の当直医の指導の下に、救命救急医療にあたらなければならない。希望により、二次救急日の準夜(17時30分~24時まで)オンコールと当直を選択できる。

    ✧研修医は、臨床研修に専念し、その資質向上を図るように努めなければならない。 したがってアルバイトを厳に禁止する。

  • 社会保険 有
  • 扶養手当 有
  • 通勤手当 有
  • 宿  舎 無
  • 住居手当は家賃月額で計算した住居手当を支給 (上限45,000円)

    *但し、諸般の事情を鑑み、個別に金額を決定する。

  • 食  事 食堂有(当直食は病院負担)
  • 健康診断 有  (病院負担、年1回の健康診断・予防接種)

◆富山県済生会高岡病院の概要

  • 開設者    社会福祉法人恩賜財団済生会支部富山県済生会 支部長 飯田 博行
  • 名称     富山県済生会高岡病院
  • 病院長    野田 八嗣
  • 所在地    富山県高岡市二塚387番地1
           敷地面地/25,166.39㎡ 建築規模 建築面積/5,434.31㎡ 延床面積/18,508.14㎡
           構造/鉄骨鉄筋コンクリート造、地上8階塔屋2階建、駐車台数 550台
  • 病床数    251床(高度急性期7床、急性期150床、回復期 94床)
  • 医師数    42名(うち指導医 28名、初期臨床研修医5名)
  • 初期臨床研修医数内訳  2年次1名・1年次4名 計5名(令和2年4月現在)
  • 標榜科(18科)  内科、循環器内科、消化器内科、小児科、外科、整形外科、産婦人科、脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科、リウマチ科、放射線科、リハビリテーション科、精神科(リエゾン)、病理診断科
  • 1日平均外来患者数 455人 / 1日平均入院患者数 220人(令和元年度実積)
  • 当院の特色
  • ✧社会福祉法人恩賜財団済生会として、生活困難な方が経済的な理由によって必要な医療を受ける機会が制限されることのないよう、診療費の自己負担を軽くする無料低額診療事業を実施しています。

    ✧高岡医療圏の急性期病院として、人工関節置換術及び内視鏡下手術などの強みを生かした専門医療、チーム医療を推進するとともに、密度の高い看護を実施しています。また二次救急輪番病院として救急患者の医療を行っています。

    ✧富山県がん診療連携拠点病院として、県西部地区における緩和ケアを担当し、在宅患者の療養を支援しています。

    ✧周産期母子医療センター連携病院としてハイリスク児や中等症妊産婦に対する医療を行うとともに、周産期母子医療センターを補完しています。またWHO・ユニセフによる「赤ちゃんに優しい病院」認定病院として母子支援活動を展開しています。

    ✧地域包括ケア病棟及び回復期リハビリテーション病棟を整備し、急性期から回復期までベストミックスの医療を総合的に提供しています。

    ✧高岡市医師会、射水市医師会、砺波医師会、小矢部市医師会との病診連携、特に在宅・緩和医療連携を推進しており、開放病床(6床)を設置しています。

    ✧地域医療支援病院の承認(平成30年5月)を受けるとともに、訪問看護ステーション、訪問リハビリテーション事業所を併設し、地域包括ケアシステムの推進に貢献しています。

    ✧接遇や療養環境など病院サービスの向上に努めています。

◆基幹型初期臨床研修病院の年次報告内容

年次報告様式10(別紙1~4含む)  クリックすると参照できます。

富山県済生会高岡病院初期臨床研修プログラム

抜粋版 クリックすると参照できます。

全文版 クリックすると参照できます。

臨床研修医募集

診療時間

午前
午前 8:15~11:30
(初診は11:00まで)
午後
午前 13:30~16:30
(初診は16:00まで)
休診日
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)

受付時間は診療科によって異なります。
詳しくは、各診療科の外来担当医表をご覧ください。

交通アクセス
面会について
施設案内
外来各科担当医
入院のご案内

ページトップへ