眼科

特徴

地域の中核病院の一つとして、眼科疾患全般の診療を行っています。また、加齢黄斑変性やぶどう膜炎の専門的な診療、治療を行っています。

  • 眼科疾患一般
  • 白内障や緑内障、ドライアイなど眼科疾患全般の診療を行っています。特殊な検査や治療が必要な患者様には、富山大学附属病院と連携して最適な治療を受けていただけるように努めています。白内障手術は2泊3日(1泊でも可)の入院で毎週行っており、安全で綺麗な手術を心がけています。白内障の手術は、手術後の診察がとても大切です。頻回の通院が大変な方や日帰り手術が心配な方、全身の疾患がある方も安心して手術を受けていただけるようにしています。

  • メディカル網膜疾患
  • 加齢黄斑変性、静脈閉塞による黄斑浮腫、近視性脈絡膜新生血管、糖尿病黄斑浮腫に対する、抗VEGF薬硝子体注射、ステロイド注射を行っています。注射は外来処置室で実施できるように整備を整えました。このような病気は、何度も注射が必要になるケースもありますが、患者様にスムーズに治療を受けていただけるようにしています。

  • ぶどう膜炎
  • 全身の病気とともにぶどう膜炎が起こることがあり、院内の他科の先生たちと連携しながら、診断や治療を行っています。特殊な検査や治療が必要な場合は、富山大学附属病院と協力して、最適な治療を受けていただけるように取り組んでいます。

  • 全身疾患や全身治療薬による眼病変の診察
  • 糖尿病、高血圧症、膠原病などの全身疾患による眼病変や、ステロイド、抗がん剤、ヒドロキシクロロキンなどの全身の治療薬による眼病変の診察を行っています。患者様が安心して全身疾患の治療を続けられるように、わかりやすい説明を心がけています。

業績

手術件数
年内 2011年 2012年 2013年
白内障手術 78件 112件 124件
硝子体内注射 0件 3件 8件
その他 7件 1件 11件

<ガイドライン一覧>

  • 角膜内皮障害の重症度分類
  • 感染性角膜炎診療ガイドライン(第2版)
  • ベーチェット病眼病変診療ガイドライン
  • 加齢黄斑変性の治療指針
  • 緑内障診療ガイドライン(第3版)
  • 眼瞼けいれん診療ガイドライン
  • 眼底血管造影実施基準(改訂版)
  • アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン(第2版)
  • アデノウイルス結膜炎院内感染対策ガイドライン
  • ラニビズマブ(遺伝子組換え)の維持期における再投与ガイドライン
  • サルコイドーシスに診断基準と診断の手引き―2006   要約
  • コンタクトレンズ診療ガイドライン
  • 加齢黄斑変性症に対する光線力学的r療法のガイドライン
  • ウイルス性結膜炎のガイドライン
  • 加齢性黄斑変性の分類と診断基準

医師プロフィール

氏名 役職 専門分野 資格
中村 友子
100124_05.jpg
眼科医長
眼科一般
網膜
ぶどう膜炎
日本眼科学会専門医
阿部 慎也
非常勤医師 眼科一般

曜日別担当医表はこちら

診療時間

午前
午前 8:15~11:30
(初診は11:00まで)
午後
午前 13:30~16:30
(初診は16:00まで)
休診日
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)

受付時間は診療科によって異なります。
詳しくは、各診療科の外来担当医表をご覧ください。

交通アクセス
面会について
施設案内
外来各科担当医
入院のご案内

ページトップへ